心霊写真‥ではなく、ケージデビューのお話

藍緒「私はさし餌を卒業したのよ!つまり完全な大人‥まだしめったエサを食べてるそこの白いのとは違うの!いつまでも子供扱いのプラケース暮らしは我慢ならないわ!!」

 

 

毎朝、包みをほどくと藍緒さんがプラケースのフタに張り付いているのでビクッ!!となります。文鳥飼いが長かったのでまだインコ流のあいさつに慣れていません。

生後43日目。まだ投薬生活は終わってませんが、本人の希望でもあるようなので早速大人部屋に移ってもらうことにしました。

 

「‥‥‥‥‥。」
「‥やっぱり‥まだいいです。」

やっぱりまだ怖いようです。滞在時間を少しづつ増やして慣れていこうね、藍緒さん。

(プラケースに戻った藍緒さん。何だか少し大人しくなりました。)

「あの青いヒト、何だか騒がしいよね。」

こちら、相変わらずマイペースの珊瑚ちゃん。もう自分で体重をキープできるのだけど、まだ若干さし餌を欲しがります。仕事先のボスが「珊瑚ちゃんにさし餌したい!」と切望してます。次の仕事が近いので連れていったら一口ぐらいは食べてくれるかな??