鳥の健康診断 2019・秋 その2

健康診断でビビリな性格を指摘された藍緒さん。これからの生活やいざと言う時のため、落ち着きのある子になるように‥まずキャリーに慣れるよう言われてしまいました。

臆病な性格は生まれつきで直すなんて無理ではないか??そう思っていたのですがアドバイスをいただきました。

なるほど!藍緒さんの食いしん坊パワーを利用してキャリーに慣らす、というの良い考えかも!

そう考えた時‥最近よく考えこむ別の悩みを思い出してしまいました。この機会を逃してはいけない!と思い早速、先生に相談です。

粉!意外な答えでした。もっと大きなペレットを買おうか‥と考えてたところだったんです。

粉になったペレットを舐めとって食べる方が時間がかかるみたいですね。それに色んな種類のペレットを混ぜて与えられるのは大きなメリットです。今は3種類のペレットを混ぜてトリーズに与えてます。珊瑚くんは好きなものから食べるものの、新しく追加しなければあるものを全部食べてくれます。あきらめがいいというか、切り替えが早いのです。でも藍緒さんは嫌いなペレットは最後まで食べません!そもそもペレットに切り替えるのもすごく大変でした。ビビリの改善のついでに偏食もなくせるなら嬉しいです。粉状にすり潰すのは少し面倒ではありますが‥。

しかし!そこで先生からさらなる奥の手が紹介されたのでした!(続く)