藍緒さん、ダイエット途中経過

 ペレットを克服したものの、結局ダイエットする事になった藍緒さん。とても小柄なので30gは越えない方がいいとドクターKに言われています。食いしん坊なのでなかなか難しいのですが、それでも目指す方向が少し見えてきました。

 普通、手乗りの小鳥との時間って…呼んだら「ピッ!」って可愛くお返事したり、柔らかな背中に頬ずりしたり、そういうものじゃなかったけ!?

 とにかく変なものを飲み込んではいけないので、放鳥中は目を皿のようにして藍緒さんの動きをガン見してます。放鳥前にはかならず掃除機をかけるようにしてますが、狭い部屋の中でも思わぬ行動に出たりするので気が抜けません。こんな状態だと私の集中力の問題もあり30分ぐらいの放鳥が限界です。本当はもう少し長く出してあげたいんですけどねー…。

 悩みは尽きませんが、少し前のまったくペレットを食べてくれなかった時のことを考えれば耐えられます。あの時は藍緒さんの健康が心配でした。それに比べれば今の悩みは贅沢なもの!ため息が出てしまう時はそう考えることにしてます。なんと言ってもまだ一歳に満たない子供ですから、まだ生活のペースが掴めてないだけ…慣れてきたらもう少し落ち着くはず…と信じています。

 ちなみにペレットは藍緒さんも珊瑚くんも三種混合にしてますが、どちらもZ社のペレットが一番好みのようです。セキセイ用なので珊瑚くんには少し大きいのですが、一番最初に食いついているようです。餌入れの中身の状況を見ると好みがハッキリ分かるので面白いですね。市販のものの中ではZ社のペレットが脂肪分が一番少ないのでこちらとしても嬉しいです。病院でダイエット用のもっと脂肪分を抑えたものもあるようですが、病気というわけでもないのでとりあえず今のやり方でしばらくは頑張ってみます。

  セキセイって他の子もこんなに食いしん坊なのかな?あわたんも文鳥としてはかなり食い意地が張ってたと思いますが、藍緒さんは何だか鬼気迫るものがあります。ちょっとヒステリック??もうちょっと落ち着いて食事をしてくれると私も安心できるんですが、どうなっていくんでしょうね。期待と不安の毎日です。