平面文鳥・あわ吉が夏コミ総括

遅れてしまいましたが、夏コミで当スペースにお越し下さった皆さん、猛暑の中、本当にありがとうございました。

今回は珍しく同僚と参加したので、留守にしている間に訪ねて下さった方もいらっしゃいました。直接お礼が言えずに失礼致しました。頂いた差し入れも少しづつ楽しみながら、この記事を書いてます。今回配置された南館、初めてで不安でしたが‥本当に涼しかった!動線はイマイチだったのでその辺りは改善されてほしいですね。冬はどうなんだろう‥エアコンが効いて温かいのか、逆に寒いのか⁈まずは当選しないと💦

さて、あわたんが去って二度目の夏です。ヒナーズも若鳥になり、鳥生活的には安定して気持ちも落ち着いてきました。沢山の追悼本を並べてスペースにいると、なんだかあわたんがいないなんて嘘みたいです。私の中では彼は「あわ天使」となり、新たな命を与えられて飛び回ってる感じです。今回は本当に明るい気持ちで参加できました。

さらに嬉しかったことがあります。スペースに来てくれた何人かの方から「自分の愛鳥も最近亡くなったけど、追悼本を読んで明るいラストに救われた」というお話を聞いたんです。本当に‥描いてよかった!という気持ちです。

夏や冬は鳥さんには本当に厳しい季節で鳥飼さんは気を張ってると思いますが、春や秋を迎えてホッとした時にまさかの落鳥、ということが意外に多いと思います。「せっかく冬(夏)を越せたのになぜ‥自分の注意が足りなかったのか‥。」と悲しみを引きずって夏を迎えてる方もいるんじゃないかと思います。まんま、去年の私ですが💦そんな方を元気づける力になれたなら本当に嬉しいです。

漫画の中でも書きましたが秋の文鳥まつりに参加します。こちらもよろしくお願いします。

新しいポスターを製作したので「あわ胸ボード」は正式に引退しました。

ボロボロだった額ブチを脱ぎ捨ててサッパリ✨したね、いままで本当にお疲れ様でした。四年前、私が初めてサークル活動を始めた頃から一緒に頑張ってくれたボードです。あわたんも元気だった(*´ω`*)新しい額縁を買ってどこかに飾ろうと思います。

さて、あと少しすると送り火の時間ですね。残された数時間、あわの思い出に浸ろうと思います。